記憶術

脳を活性化してより多く記憶する方法

記憶術は、脳の働きにを活かし、短期間でより多く記憶させる術といえるでしょう。

いろいろな調査で、記憶術の優れた人は、「脳の\構\造が違う」という事ではないと報告されています。

ですから、記憶術は、記憶をする脳を活性化させて、沢山の情報を記憶させ誰でも出来る、記憶の方法です。

 

記憶術の由来

起源は古代ローマで始まり、古代ローマの元老院などでは、メモを使用しての弁論が認められていなかったなどの理由により発達したとも言われ、古代ギリシアの修辞学の一部門として扱われのシモニデスが開祖といわれています。

記憶術(nmonic)という単語の語源は、ギリシア神話の記憶の女神ニーモムシュネー(ムネーモシュネー)に由来すると言われています。

古代ギリシアの記憶術はその後、中世ヨーロッパに受け継がれ、主に修道士や神学者などが聖書やその他の多くの書物を記憶するために用いられました。
当時は羊皮紙以外の紙がなく、印刷技術も存在しなかったため、卓越した記憶力を養うことは教養人の必要条件であった事のようです。(フリー百科事典・ウィキペディア引用)

記憶術の活用

現在では主に、入学試験対策や資格試験対策に活用され、○○式記憶術などと言われ、個人の体験から得た記憶の方法が、多数紹介されています。

これらには、個人差があり全ての人に卓越した効果が得られるというものではありませんが、実際に多くの人で効果が得られた、記憶の方法ですから自分に当てはめる事ができれば、入学試験や資格試験などで、大きな期待ができるでしょう。

記憶術を、時に、実行もせずに、ただ読んだだけで論評する人達もいますが、もしご興味を持たれたなら、必ず書かれている内容に沿って実行してみてほしいものです。

 

記憶術習得の鍵

記憶術習得の鍵は100%メンタルにあります。

「記憶をする」という行動をしなければなりません。

記憶術習得の鍵は、行動する事ではないでしょうか?

成功の法則に「自己投資できない人には、決して成功は訪れない」と言われます、何事でも、何もしなければ、成功できません。

自分が何かをしたいという「夢」を持ち、何年の何月には「このように」なっていたい、という目標に日付をつける。

そして一番大切な事は、それに向かって行動する、そうする事で、夢が現実になります。

平々凡々と暮らすのも自由、自己投資をして夢に向かうのも自由・・・・・・・

もし今あなたが「夢」を持たれているならば、この記憶術で、あなたに素晴らしいライフスタイルが、訪れる事を願っています・・・・。

記憶術で人気のある、「記憶の方法」を下記に紹介させて頂きました。いずれも、多くの方の記憶力がアップされている、記憶術です。